年収アップのコツはプログラミングの習得

プログラミング習得が年収アップに繋がるのは既成の事実ですが、習得するプログラミング言語によって年収が変わります。日本では現在、JavaやC言語、PHPと呼ばれるプログラミング言語が主流ですが、プログラミング言語によって年収は100万円単位で差異が生じてきます。

年収が高いプログラミング言語はいろいろあります。プログラマーの平均的な年収は400万円くらいで、月収にすると30万円くらいになります。年収が1番高いプログラミング言語はScalaです。平均的な年収は400万円を超えており、月収も30万円を超過します。現時点においてはライバルが少ないので狙い目と言えます。次いで、2番目はPythonです。平均年収は400万円弱ですが求人が増加傾向にあります。今後の年収増加にも期待できるでしょう。

同一のプログラマーなのに年収に差違が出るのは、勤続年数の長さと、扱えるプログラミング言語の多さに理由があります。勤続年数が長くなると任される仕事も責任のあるものへと変わっていくため、それに合わせて年収も高くなります。扱えるプログラミング言語の多さというのは、収入に多大な影響を与えます。扱えるプログラミング言語が多大であればあるほど、プログラマーとしての価値が高まるので、年収に差違が生じるのです。

プログラマーで年収1000万円超えを目指すには、フリーランスになって単価を上昇させ、業務の上流工程をこなし、シェアソフトを開発することを目指すべきです。