需要のあるPHPエンジニアを目指すには

PHPはサーバーサイド言語の中でもRubyやPythonと同じく習得しやすい言語と言われています。そのため、PHPを習得しているエンジニアの数はかなり多く、PHPエンジニアとして稼げるようになりたいのであれば、その時の需要を理解し、PHPはもちろん、それ以外においても最低一つは誇れるスキルを持っておかなければいけません。

そこで、PHPエンジニアとして稼げるようになりたいと考えている人にはWebデザインに関する勉強をすることをおすすめします。Webデザインにはホームページなどのレイアウトを自分で考えて配置をするのはもちろん、JavaScriptを用いてサイトに動きを持たせることも含まれ、デザインなので勉強だけでなくセンスも磨かなければいけません。

PHPはデータベースやサーバーなどとデータのやり取りをするために使うサーバーサイド言語、JavaScriptは利用者から見える部分に動きを付けるフロントエンド言語であり、この両方を身につけることで自分で1からWebサイトやWebサービスを作ることが出来るようになります。

特にWeb系ベンチャー企業はフロントエンドとサーバーサイドの両方が出来ることに加えて、ネットワークの設定などといったインフラエンジニアの業務もこなすことが出来るフルスタックエンジニアの需要が高いです。稼げるPHPエンジニアになるためにも、フルスタックエンジニアを目指してみましょう。